これからは送料で損しない!荷物ごとのお得な依頼先情報

>

知ってて損しない宅配便料金の決まり方

宅配便の送料は、基本的に大きさ、重さ、距離の3つで決まります。
ここでの大きさとは、荷物の縦、横、高さの3辺の合計によりサイズが決められ、自ずと、大きくて重くて遠いものは、送料も高くなります。
仮に、大きくて軽い、または、小さくて重い、という物があった場合はどうなるのでしょうか?
その場合は、高い方が優先となりますので、大きくて軽い物の場合は大きさで、小さくて重い物は重さでサイズが決まります。
しかし、ここで皆さんに知って頂きたいことがあります。
30kgという制限はありますが、郵便局のゆうパックという宅配サービスは、重さではなく大きさのみでサイズが決まります。
そのため、サイズごとの価格は、郵便も宅配便もほとんど変わりませんが、上記のような小さくて重い物などは、重さが関係ないゆうパックの方が格安に送れるということです。

荷物の大きさによって使い分けしよう

荷物を送る場合、その荷物の大きさで利用先を変えてみましょう。
そうすると、送料を抑えられ、同じ荷物でもお得に感じられるかもしれません。
郵便と宅配便の両者にはどちらもメリットがありますが、環境や時間、割引等の条件を除き、単純に荷物を送る場合についてお伝えします。
まず、小さい物(30kg以内)は、ゆうパック又はレターパックがお得です。
サイズによっては、もっと安く送れる方法もありますし、クリックポストは、利用登録などが必要ですが、送り先までの距離を気にせず、全国一律の値段で送れます。
しかし、万一紛失・破損などがあった場合の補償はないため、大事な物は、少し高くてもヤマト運輸などの宅配便を利用すると、賠償責任が付いているため安心して送ることができます。
逆に、大きい物は、制限はあるものの「はこBOON」を使ってみましょう。
元々、オークション利用者のための配送サービスでしたが、今は誰でも利用できます。


送料をなるべく抑えたい!お得情報

この記事をシェアする